スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛相「県外移設へ努力」=反対集会代表ら要請-普天間(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会の共同代表を務めた高嶺善伸県議会議長らは26日、北沢俊美防衛相と防衛省で会い、同飛行場の早期返還や県外・国外移設を求める決議文を手渡した。北沢氏は「県民の思いを非常に重く受け止めたい」と強調した上で、「鳩山由紀夫首相が『最低でも県外』と言ったことを踏まえ、県外移設のいろんな努力をしている」と述べた。
 普天間問題について、政府は現在、同飛行場のヘリ部隊を鹿児島県・徳之島や米軍キャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市など)に分散移転する案を検討。また、シュワブ沿岸部(名護市)に移す現行計画を修正する案も浮上している。
 北沢氏は高嶺氏らに対し、「普天間の機能や施設を残すことは全く考えていない」と語り、普天間の継続使用を否定。ただ、具体的な移設先については「何も決まっていない」とし、移設先自治体や米国との話し合いについても「具体的なスケジュールについて申し上げる段階にない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)
<中国>植樹100万本に 万里の長城周辺(毎日新聞)
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から(産経新聞)
<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
投票用紙2枚渡す? 島根・町議選 最下位同数でくじ引き(産経新聞)
スポンサーサイト

中国ヘリ、また海自護衛艦に異常接近(読売新聞)

 沖縄本島と宮古島の間の公海上を今月10日に南下した中国艦隊の艦載ヘリが21日午後、沖縄本島の南方約500キロの太平洋上で、監視活動中の海上自衛隊の護衛艦「あさゆき」に異常接近して飛行した。

 中国艦隊のヘリは8日にも東シナ海で別の海自護衛艦に接近飛行を行い、日本政府が中国政府に事実関係の確認を申し入れたばかり。相次ぐヘリの接近を受け、外務省は21日夕、在京中国大使館を通じ、「同様の事案が繰り返されているのは問題だ」などと抗議した。

 防衛省によると、21日午後3時37分頃、中国艦隊から飛び立ったヘリが「あさゆき」に接近。約3分間にわたり、護衛艦の周りを2周し、水平距離で約90メートル、高さ約50メートルの距離まで接近したという。同省は「艦艇の安全航行上、極めて危険な行為だ」としている。潜水艦2隻を含む10隻の中国艦隊は、現在も太平洋上で訓練を行っているとみられ、監視活動を行う海自艦への挑発や偵察の可能性もある。

「若い女性に興味あった」女子中学生2人にわいせつ 少年指導員の男逮捕(産経新聞)
ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査(時事通信)
<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)

<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

 6月に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を記念して作られた24金製のサッカーボールが仙台市青葉区の百貨店「仙台三越」に展示されている。

 ガラスケースに入れられた黄金ボールは公式球と同じ大きさで、まばゆいばかり。約3キロの金が使われ、お値段は2940万円という。20日まで展示される。

 「W杯で優勝したら、日本代表にプレゼントしたい」と販売元。ただ「ベスト4入り」を掲げる岡田ジャパンの調子は今一つ。目標を黄金ボールに変更したら、チームももっと輝く?【垂水友里香】

【関連ニュース】
雑記帳:まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願
サッカーW杯:入場券のデザイン発表
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
レソト:W杯宿泊の穴場…安心価格、会場に近い、治安良好
サッカー:日本完敗、セルビアに0-3 チャレンジカップ

<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)

「玻」の人名使用認めず=両親の申し立て退ける-最高裁(時事通信)

 「玻(は)」の漢字を名前に付けた次女の出生届を名古屋市が受理しなかったのを不服とした両親の申し立てについて、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で、訴えを退ける決定をした。
 同小法廷は「『玻』の字が、社会通念上明らかに常用平易な文字であるとはいえないとした高裁の判断は正当」とした。
 両親は2008年12月、次女に「玻南(はな)」と名付け、名古屋市に出生届を提出したが、戸籍法で定めた文字でないとして受理されなかった。 

岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)
平沼氏 鳩山元総務相の新党入りに否定的見方示す(産経新聞)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
佐世保の警官刺傷、指名手配の男が出頭し逮捕(読売新聞)
救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)

老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)

 4日午後1時45分頃、愛知県小牧市小木東の国道41号交差点で、老人ホーム「グループホームゆうあい」(小牧市小木南)職員丸山琴さん(34)(愛知県岩倉市東町)運転の同ホームの軽乗用車と、同県豊山町豊場、会社員岡本由紀子さん(38)の乗用車が衝突した。

 軽乗用車の後部座席に乗っていた入所者の安藤鈴子さん(81)と竹田ワキさん(93)が全身を強く打つなどして死亡、丸山さんも軽傷を負った。

 県警小牧署の発表によると、丸山さんは2人を乗せ、近くのスーパーに買い物に行く途中だった。同ホームは、小牧市内のお年寄り9人が入所している。

首相と小沢氏が2時間会談、稲盛和夫氏も同席(読売新聞)
若林氏「魔が差した」、青木氏「想像できぬ」(読売新聞)
立体駐車場4階から車転落、車内の2人重体(読売新聞)
郵政票>民主らしさ 「郵政」対立収拾も… しこり残す小沢流の影響(産経新聞)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)

<社会人野球>セガサミー準決勝へ 静岡大会(毎日新聞)

 社会人野球の第58回JABA静岡大会は第2日の4日、浜松などで各組のリーグ戦計8試合を行った。A組のセガサミーはヤマハの継投策を打ち崩して2勝目を挙げ、準決勝進出を決めた。B組のトヨタ自動車も住友金属鹿島を破り連勝した。

 ▽リーグ戦

 【A組】

 東海REX8-1TDK【東】芝村-久保【T】大原、田口-新田、福田(八回コールド)

 セガサミー5-1ヤマハ【セ】木村、南-乗替、谷沢【ヤ】戸狩、渡辺、古岡、広岡、安永-井上、松尾▽本塁打 松尾(ヤ)

 【B組】

 王子製紙4-2NTT信越ク【王】奥村、西口、玉水-川上【N】岡本-高橋▽本塁打 松村(N)

 トヨタ自動車3-0住友金属鹿島【ト】菊川、祖父江、佐竹-二葉【住】宮崎、山崎-片葺、田島

 【C組】

 JR東海6-1NTT東日本【J】中須賀-鈴木【N】成田、井納、那須、末永-上田、奈良

 三菱自動車岡崎3-0ホンダ【三】宇田川-清水【ホ】諏訪部、河原井、佐藤-佐伯

 【D組】

 ホンダ鈴鹿1-1沖縄電力【ホ】藤本瞬、前橋-藤本達【沖】高坂、諸見里-古謝、福原▽本塁打 川端(ホ)

 新日本石油ENEOS4-2三菱重工名古屋【新】沼尾、広瀬-山岡【三】菊池、荒瀬、高木-植野、西崎

【関連ニュース】
雑記帳:「気持ちよく勝たせてあげちゃった」
社会人野球:ホンダ、住友金属鹿島など勝利 静岡大会開幕
社会人野球:元日産自動車九州の選手らがクラブチーム結成
社会人野球:富士重工業が初優勝 東京スポニチ大会
プロ野球:巨人6-5広島 巨人、継投でかわす

パチスロ「エヴァ」開発会社起訴=1億円余脱税-横浜地検(時事通信)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
富良野塾 「僕が一番学んだ」 閉塾で倉本さん(毎日新聞)
<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)
<訃報>大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞(毎日新聞)

生きものが共存-田んぼは「命のゆりかご」(産経新聞)

 田ではぐくまれるのは米だけではない。生物多様性条約の締約国会議(COP10)が日本で開催される今年、生きものが暮らしやすいように配慮した「生きもの田んぼ」がいっそう共感を集めそうだ。(津川綾子)

 ◆危惧種も生き生き

 前には琵琶湖、背には山。滋賀県高島市にある「生きもの田んぼ」はにぎやかだ。

 田植えの時期はニゴロブナが産卵し、夏はナゴヤダルマガエルがぴょんぴょん跳ねる。畦(あぜ)には巨大なハッタミミズもいて、絶滅危惧(きぐ)種や希少種の楽園のようだ。それらを食べに、サギもツバメもやってくる。

 「生きもの田んぼ」の稲作スケジュールは生き物の都合が中心。この地域では、稲の根腐れを防ぐため、田から水を抜く「中干し」は6月だった。だが、生きもの田んぼでは、フナが育ち、オタマジャクシがカエルになる梅雨明けの7月末まで待つ。

 生きものが嫌う除草剤など農薬や化学肥料は使わない。代わりに、田植え前の「代掻(しろか)き」を早めに行い、回数も増やした。農薬を使うより手間がかかる。

 「けれどね、水田でオタマジャクシやゲンゴロウが泳いでるのを見ると、守らないといけないって思う」と、「たかしま生きもの田んぼ米」を育てる梅村元成さん(59)は話す。

 畦を歩けば、生きものの視点に立った「バリアフリー」の工夫もある。水路と畦をつなぐ木製の小さなスロープや、水田とつなぐ魚道など。「スロープはカメやカエルの転落対策。水路に落ちてはい上がれず、爪と指のないカメが見つかったから。魚道は、エサが豊富で安全な田でフナやナマズが産卵できるように」と堀田金一郎さん(58)は説明した。

 ◆“物語”を食べる

 農家10軒の約10ヘクタールでできた「たかしま生きもの田んぼ米」は百貨店や東京・大阪などの米穀店で、魚沼産コシヒカリ並みの値段で売られる。

 「『品質』に加え、『物語』で米のブランド価値を高める。物語のために流した汗が、食べる人に評価してもらえるようになってきた」と、梅村さんらに助言する「アミタ持続可能経済研究所」(京都市)の本多清・主任研究員は話す。

 「売りたい」と問い合わせは殺到するが、「なぜ高いか。語ってもらえる店でないと」(堀田さん)と、販路は大きくは広げない。

 平成20年から販売する「小島米店」(川崎市多摩区)の小島晃社長(56)は「田んぼで、準絶滅危惧種のチュウサギが絶滅危惧種のナゴヤダルマガエルを食べている。こんな説明に『へぇー、本当?』と驚いて、お客さんがファンになる。味じゃ魚沼のコシヒカリにかなわないけど、生きものへの生産者の優しさが、支持されるんだ」。

                   ◇

 ■全国で42-広がる「生きものマーク」ブランド

 「生きもの」が暮らす環境に配慮して育てられた自然の恵みに生きものの名前などをつけ、ブランド化する「生きものマーク」が、米を中心に農産物や水産物にまで広がっている。

 農林水産省の調べでは、把握しただけで全国に42の「生きものマーク」がある。同省は今月、「生きものマーク」の取り組みを広げようと、事例を集めたガイドブックを作製した。

 生きものマークには統一した認証基準はない。だが、「生きものがいるかどうかが一目瞭然(りょうぜん)の指標」とし、「人間が手を加えると自然を壊すというのがこれまでのイメージ。ところが、田んぼがコウノトリのえさ場になるなど、農林業を通じて、生きものが暮らし、生きる場所を守ることができる。それを伝えたい」と同省の佐藤大輔生物多様性保全係長は話す。

 今年10月に名古屋で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では、生物多様性に配慮した農業についても議論になる見通し。今後、生きものマークの取り組みがさらに注目を集めそうだ。

【関連記事】
耕さない田んぼで米作り 不耕起栽培米の第一人者
増える「耕作放棄地」 “捨てられた土地”の再生へ
桑田氏、次の“勉強”は米とワイン作り
OLやサラリーマンで酒米を作ろう!
“ノギャル”「シブヤ米」とかマジうまいし~

<強盗>ビジネスホテルの金庫から100万円 三重・亀山(毎日新聞)
しばたはつみさん 死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)
<政党機関紙配布>元社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
女性駅員に下半身露出 東京消防庁副士長を逮捕(産経新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

おのざわたつおさん

Author:おのざわたつおさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。